エンドロールには早すぎる

ドラマや映画やゲーム。どうしてそれが面白いのかを考察します。

『THE BLACKLIST / ブラックリスト』シーズン5感想。汝自身を知れ

Netflixにようやくブラックリストのシーズン5が来たのでさっそく観ました。
レッドは自身の犯罪帝国が崩壊してしまったので、その再建をする。そして自分の大切な秘密をリズやトムやその他もろもろの勢力から守るために動く、と。
正直、中だるみするなぁ~とは思いつつ、何だかんだ面白くて、好きなドラマです。
リズのどうでもいい葛藤とかほんとどうでもいいわと思いつつ、レッドや犯罪者たちが魅力的で追い続けちゃうとこあるよね。
新キャラだったら、スモーキーさんとか好き。てかバズが一回も出なかったんだけど、え、マジで死んじゃったんかね。地味に好きだったからめっちゃ残念だわ。

感想。ネタバレ注意。

犯罪帝国の再建

リズも全面的にレッドを信頼するようになっている最初のほうは、なかなか新鮮で面白い。
レッドも言うてこれまでみたいに人脈を好きに使えるわけではなくなってて、犯罪帝国の再建に必要な新しい人材をスカウトしたりとか、結構面白い。なんなら犯罪者のスカウトだけで20話余り使っても俺は満足した(笑)
まあもちろんそんなわけにはいきませんわな。トムは真実の追及に必死で、危ない橋を渡り始める。

知りすぎた男の末路

いやー、まさか。
まさかトムがぶっ殺されるとは思わなかった。
つっても正直偽装もあり得ると思ってる。次のシーズンでひょっこり実は生きてましたーwとか言って出てくる可能性も、否定はできない感じだった。
それでもぶっ殺されるとは……しかも8話で(笑)
まあ彼は少し詰めが甘かった。彼のような有能にしては、働きがイマイチもたついていた。彼の行動はことごとく空回りし、無実の人間を死なせ、ついには自分も殺された。
トムよ、お前は嗅ぎまわりすぎたのだ。

イアン・ガーヴェイが中々特徴的な人物で面白かったんだけど、もっと彼の活躍を見たかったね。
結局雑に処理されちゃったからね。トムをぶっ殺した極悪人でありながら、脚本的には"本物の娘"へ繋げるための架け橋程度の存在にしか過ぎなかったのだろうか?
うわ、もう一度見直そうかな…ちょっと記憶もう曖昧だわ。この記事を書いてるのが観終わって一か月後とかなので…

汝自身を知れ

あんま言いたくないんだけど。
俺、陰口嫌いだしあんま言いたくないんだけど。
言わせてくれ。

リズ…ってさ。
うざくね?
いや! いい奴なんだけど。
俺ほんと、こいついい加減にどうかと思うよ。

こいつさ、本当にそれでいいのか? マジでよ。
こいついくらなんでも脚本に振り回され過ぎなんじゃねえの??? やばいくらいフラフラしてるだろマジで。誰か彼女にガツンと言ってやれよ。
レッドをどうするって??? もうしょうもない内輪もめはうんざりなんだが…
衝撃的な事実とやらで、簡単に揺さぶられすぎだろ。いい加減にしようよ。そしてまた何かあったらひよるのか?

エリザベス・キーン通称リズ。彼女は主人公なのに、もはや、脚本を動かすための駒にしか見えない。
レッドから心から大切にされていることを受け入れないならまだしも利用さえして、騙して、最後にはレッドを破滅させる宣言をする。リズよ、本当にそれでいいのか。 
俺は言いたい。「汝自身を知れ」
彼女はこの長い旅の終わりで、自分自身の真実を見つけることになるだろうが、それが自分の幸福や他者の幸福に繋がるのかは、はなはだ疑問だ。
彼女の本質はとても独善的で、自分の欲求を満たすためなら何でもする人間、というようにしか受け取れない。レッドと何が違うのか? いや、それに気付く旅がこれからのシーズンのテーマになるのかも。 
まあそれはいいとして、リズは半歩引いて自分の状況を眺めたことがあるのだろうか? 彼女ほど賢い人間なら、もっと何か、大事なことに気付くことができるんじゃないかと思う。シーズン1からシーズン5までの流れの中で、彼女の感情の揺れ動く様を俺は見せつけられるわけだが、リズというキャラクターはあまりにも共感できない。お前が重要な人間なのはわかってる。だからお前は周りに振り回されずに自分で物事の主導権を握ってみろ。そろそろ。まあ、今までもそうしようとはしてたか。空回りしてただけで。
次のシーズンこそはリズに共感と好感を持ちたいものだ。

ちなみにアメリカでは既にシーズン6が開始されている。
Netflixにあがるのはどうせ年末だろう。何だかんだ面白いドラマなので正直待ち遠しい。